こんにちは、ひなたママです。

まずは、我が家にいるワンコの吠える声の高さについて。

 

No.1に高くて可愛い声が、預かりっ子のファー君(雑種8~9キロ)♪
ほとんど吠えないんですが、耳障りでない可愛く高い声なのです。

No.2に高くて超笑える声(←酷いママ)が、ポロン(雑種10キロ)。
ポロンは、本気吠えをしたことがなく、控え目に吠えるので、高く聞こえるのかも。

No.3は、カンタ(ポメラニアン2.8キロ)。
カンタはポロンと同じくらいの声の高さですが、ハスキーボイスなんです。

No.4は、サリー(ポメラニアン6.3キロ)。
カフェとかでサリーが吠えてると、どこに中型犬がいるの?
…って感じでみられます(笑)

そして、No.5、見かけによらず一番野太く、ドスの効いた声が、バビちゃん(雑種6.5キロ)。
トレーナーさんが帰ろうとした時、バビちゃんが吠えたんですが、

「こんな太い声で吠える子いましたっけ…」(笑)

犬の見た目と声はイコールじゃないんだなぁ~と、改めて感じました。

 

ちなみに、私も幼い頃から声が低く酒枯れ風のハスキーボイスだったので、
中学生の頃、友人が「場末のスナックのママみたいな声やなぁ~」…って。

クソクソクソクソォ~(>。<;)y-~ ゲホッゲホッ…

「せめて、場末じゃなくて新地にしてくれ~ぃ…!!」

 

 

最近の宮古丸、未だはく製状態です。

でもね、バッチフラワーレメディの『レスキュー』と『ウォルナット』を始めたら…

 

3日に1回だったCC&UNKが、毎日になりました!!

 

人間より動物の方が効くと聞いてはいたものの、翌日からだったのでビックリ!!

ウォルナットは、環境の変化に効果的らしく、猫ちゃんにはよく使われます。

レスキューに入っていますが、ロックローズ単独の方が効く子も多いそうです。
攻撃性のある子にはホリー。猫保護してる方は、ロックローズとホリーは必需品

ちなみにバビちゃんは、スターオブベツレヘムを使用しました。
これも、レスキューに入ってます。

それでも、宮古丸はまだまだ時間がかかりそうです。

リハビリやトレーニングどころか、場所を提供してもらってる感じ( ̄▽ ̄;)

 

宮古丸を見ていると、我が家に来た頃のバビちゃんに似ているんです。

めっちゃ観察はしてくるけど、固まったまま動かない…

存在を消すことに必死で、人が少しでも動くとチカラが入ってしまいUNKが…

とにかく頑なな感じの野犬。

でも、野犬だったポロンが、バビちゃんの心を開いてくれたように、
野犬だったバビちゃんが、宮古丸の心を開いてくれるかも!?

…と、いかにも人間的な考えですが、バビちゃんと合わせてみました。

最初は2頭ともキョドってました…

しばらくすると、バビちゃんが
「ここに犬がいたよ!!」…って感じで、やっと宮古丸の存在に気づいた様子…汗

バビちゃんは犬が大好き(^^♪

宮古丸の顔をペロペロしてあげてます。
ポロンにしてもらったように。

その後も、バビちゃん、宮古丸にもたれたり…

宮古丸の顔を椅子にして…

窒息させようとしたり…

でも、宮古丸もまんざらでもない感じ(笑)

お尻合い(^O^)/

とにかく、どこかをくっ付けてたいみたいで、ベッタリ…
宮古丸も、何気にクンクン…

バビちゃんを連れて帰ってからも、宮古丸の表情が柔らかいままだったそうです。

そして、いつも出来るだけ小さく丸くなって寝てたのに、
前脚を伸ばして寝てたんですって!!

しばらくは、レメディとバビちゃんでリハビリ決定ですね♪

つづく

どこまで”つづく”のやら…(;^ω^)

 

2月18日(日)にさくら動物病院で、子犬のみの譲渡会があります。
是非、かわいい子達に会いに来てくださいね(^O^)/

 

ランキングに参加しています。
宮古丸、ファー君のことを多くの方に知ってもらえるよう

↓ポチッとクリックをお願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村