こんにちは、ひなたママです。

ファー君を預かってから、まだ、10日ですが、
トレーナーさんにみてもらって、いろんなことがわかりました。

まず、ファー君は、とても賢くて、誇り高きワンコ。

なので、間違った飼い方さえしなければ、理解力があるので、
とっても飼いやすいワンコです。

トレーニングを通じて、意外と単純だということもわかりました。

甘やかして、お犬様状態にさえしなければ、普通に人が好きで犬も好きな子。

だけど、慌てん坊さん。

決して、噛み犬ではない。

 

サリカンポロン地方では、イエロードッグプロジェクトが意外と浸透しています。
外国人が多く住んでいるからかな…??
我が家も回覧板を、アメリカ人家庭に回してますし。

 

イエロードッグロジェクトとは、リードに黄色のリボンをしていると、

「犬、もしくは、人が苦手なので、そっとしておいてね」

…という意味があるんです。

 

ファー君をお散歩し始めた時は、いろんな犬が寄ってきましたが、
念のため、トレーニング中は、リードに黄色の目印をつけています。

「それ、うんち袋にしか見えないよ(笑)」

…って、言われましたが、黄色のリボンなんて持ってないし(~_~;)

やっぱ、うんち袋にしか見えないですね。

というわけで、100均にでも行って、
ハロウィンに見えない程度の黄色の何かを買ってこようと思ってます。

ファー君は、トレーニングも楽しんでくれ、
いつの間にか、自然といろんなことを覚えてくれています。

 

以前、噛んでしまった状況を再現してみました。

超美味しいウマウマを目の前に、マテをさせてどうなるかを。

確かに、慌てん坊で、ウマウマと一緒に指にもガブッときました。
指ごと口にねじ込んだので、怪我はしませんでしたが、
もし、里親様が決まり、その里親様の近くにエサあげオジサマがいたとして、
慌てん坊のファー君が怪我でもさせてしまっては、大変です。

掌からあげれば、全く問題はないんですがね。

でも、あることをしただけで、指からソロリと食べるようになってくれました。

 

もう大丈夫!!…とまでは、言いきれませんが、
もう少し自制できるようトレーニングしていきたいと思います。

現段階でも、ファー君には慌てん坊さんな時があることを頭に入れておけば、
その状況を回避すればよいだけなので、全く問題ないです。
それも、ササミなどのオヤツのみでの事象であり、
普通のドッグフードでは、ちゃんと待つことができます。

それっくらいです。

基本的に、ハナマル(^O^)/

トイレは完全外派で、寝る時は、自らクレートに入っていきます。

 

今日、嬉しいことに、私の股をくぐってくれました。

プライド高きワンコが股をくぐるのは、
主従関係を築けていないと、やりたがらないそうです。

それも、すんなりと。

単純( *´艸`)

こうやって甘えてきますヾ(=^▽^=)ノ

人について行くことで、安心だってわかってくれてるみたいです。

 

では、ファー君のステキ写真をご覧ください。

ブレブレですが、とても良いお顔(^^♪

ファー君、早く本当の家族に甘えられる日が来るといいね。

それまでは、私と一緒に頑張ってトレーニングに勤しみましょう(*^-^*)

つづく

ランキングに参加しています。
ファー君、バビのことを多くの方に知ってもらえるよう

↓ポチッとクリックをお願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村