こんにちは、ひなたママです。

なぜだかわかりませんが、最近メチャクチャ忙しいです。

繁忙期とかないハズなのに、なんで?!

でも、ボスも動物(特に猫)保護をしている方で、とても理解があるので、
サリちゃんのオシッコタイムが近づくと、
「後は私がやるから、帰って!!ワンちゃんのためにお願い!!」
…と、とても恵まれた環境で働かせ貰っていると、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今回は、バビちゃんの成長について。

 

バビちゃんとのファーストコンタクトでは、ビックリするくらいアイコンタクトを拒否。
私がお顔を見ようとしたら、逆方向へ、そっちを見ると、また逆方向へ。

この便で来たワンズをクレートから出して、どの子を預かるかを思案したんですが、
再度クレートへ入れるのに、一番時間が掛かったのが、バビちゃん。
この時の空輸メンバーは、黒べぇ以外、基本的にビビリ犬。
リン、ヒメ、ナツ、黒べぇ、バンビーノ

その中でも、輪をかけてビビリだったのが、バビちゃんでした。

猛暑だったし、宮古島へクールウエアを返却しなきゃいけなかったのに、
触らせてくれないので、返却どころか、外すことさえできませんでした。

我が家で現在、2ヶ月以上滞在していますが、やっとこさ、最近進歩の兆しが(^^♪

最初は、ケージから出るどころか、アイコンタクトさえも拒否だったのに、
今では、ガン見するし、自らケージから出てくれるようになってきました。

犬がいない時ぃ~

犬がいる時ぃ~

ほんと、カンタとポロンの存在が大きいです。

最初は、カンタとケージ内で遊ぶようになり、ケージのドアを開けっぱなしにしてると、
最近では、ポロンがバビちゃんを遊びに誘い、自ら出てくるようになりました。

ここまでは、何度も来れたんですが、あと一歩が無理でした。

でもね、ポロンのチカラで、今では、何度も出入りするようになってきました。

ポロンは、本当に優しいんです。
自分がビビリだから、ビビリのキモチがとてもわかるのかも。
超内弁慶なポロンが、こんなに活躍してくれるとは、予想外でした。

出てきました( *´艸`)

遊ぶの楽しいでしょ♪

最近は、この遊びが毎日の日課になっています。
それに紛れて、気づいたら、私の手をペロペロ(^_-)-☆

「バビちゃん、ありがとね♪」

では、バビちゃんとポロンが遊んでる動画をご覧ください。

ナイスポロン♪(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾♪

ポロンちゃん、行きつけのカフェBeansの看板犬マグちゃんと
たくさん遊んでもらったことが、とても活きています。

そして、バビちゃんとおもちの遊びもご覧ください。

バビちゃん、相手の歳相応に対応できるんだね。

 

あ、おもちには、希望者様から連絡があり、トライアルに入りますので、
日曜日の譲渡会には参加しません。
参加予定でしたが、ブログを見てくださって、もう気持ち揺るがないそうです♪
ありがとうございます(^_-)-☆

 

私は、ひなたという超ビビリ野犬と、3年掛けて本当の家族になれた経験があります。
バビちゃんは、それに比べたら、まだ、ずっとやりやすい子ですが、とても繊細な子。

数か月、もしくは年単位で、一緒に成長を見守りたい!!
…と思う希望者様が現れることを、切に願っています。

最初から「構ってぇ~♪」…って子も、凄くかわいいですが、
ゆっくりゆっくり成長を見守ることは、前述の子とは違って、
自分自身の成長にも繋がります。
(私がそうでした…汗)

そして、少しの成長でも、大きな幸せを感じさせてくれます。

ひなたの時は、ナイロビの野生動物の獣医さんが帰国された時に
相談しに行ったことがあります。

野犬の中でも、超野生児だったので、この先生にお話を聞いてみたいと。

もらったのは、安定剤でもなく、言葉。

「その子はその子。あなたはあなた。」

「ひなたちゃんの場合、こうなってほしいなどの理想は捨てること。
その理想が、あなたを苦しめ、ひなたちゃんを苦しめてると思います。」

「あなたが、ひなたちゃんのそのままを受け入れると、
ひなたちゃんはあなたを受け入れ、きっといい方向へ向きますよ。」

この言葉の通りでした。

その時、その獣医さんは、一度もひなたと目を合わせませんでした。
野生動物は、目が合うことが、怖いんだそうです。
ひなたも野生に近かったので、そう判断されたんだと思います。

ひなたの場合は、前の飼い主に虐待されたトラウマによる人間不信もありましたので。

 

私の緊張感が伝わっていた時は、雷や大雨が降ると、壁紙どころか、壁に穴をあけたり、
ステンレス(スチールじゃないよ)のケージを血を流しながら破ったり、
怪我をしながら、500リットルの冷蔵庫を動かしたりしていましたが、
私が、「好きにしていいから♪」と思うようになってからは、
パニックになる頻度が減りました。

たった10キロの子が、500リットルの冷蔵庫を動かすって、
野生の本能って、人間の想像を遥かに超えていますよね。

ゲリラ雷雨とかが増えてきたので、パニックが全くなくなることはありませんでしたが。

 

話は、それてしまいましたが、バビちゃんは、雷も怖くないし、
大きな物音にも動じません。

ただ、慣れるまでに、時間を要するだけ。

少しの前進が、大きな幸せに感じるタイプの子。

そんなバビちゃんのオモシロ可笑しい初散歩光景は、次回に。

バビちゃん、人馴れのため、日曜日の譲渡会には参加予定です。
ぜひ、みなさんバビちゃんを「可愛い可愛い♪」してください。

バビちゃんのことを多くの方に知ってもらえるよう
↓ポチッとクリックをお願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村