こんにちは、ひなたママです。

我が家が宮古島の子達の預かりを始めて、第2便で来た、
リン、ヒメ、ナツ、黒べぇ、バンビーノ
5頭の内4頭が、新しい家族の元へ旅立ちました。

 

久しぶりに、いつもの我が家に戻った感じです。

ごめんごめん、バビちゃんは、まだ、我が家に滞在中です。
空気のように馴染んでて、違和感なかった。

 

 

我が家のボス犬、サリちゃん。

ただいま15歳5ヶ月ですが、基本的にメチャクチャ元気です。

ただ、年齢には勝てない部分も少々出てきています。

 

尿もれ

 

尿検査をしたら、膀胱炎になっていたんですが、それを治しても尿もれしてしまいます。

腹部エコーで検査をしてもらうと、膀胱の横の元卵巣があった部分に、
水のような何かが溜まってしまい、炎症を起こしているようで、
膀胱が大きくならなくなってしまっているようです。

なので、体勢を変えた時などに、ついつい漏れちゃうみたいです。

今は、抗生剤で様子をみていますが、年齢的にも尿障害はつきものなので、
オムツに慣れてもらうことにしました。

紙オムツだと、長い目で見るとコストがかかるので、布オムツで。

カバーもパットも布なので、半日つけていても、蒸れていませんでした。

 

こんな状態でも、毎日ポロンのゴハンを奪いに行っています。

お相撲さんの『まわし』ではありません。

本犬は、おでかけの時のお洋服と同じ感覚?!

なんだか、似合ってるような気がしてきました。

 

ドスコイサリー

 

預かりっ子のウマウマの置き場も把握しており、いつもこんな感じで狙っています。
(オムツで狙ってる画像はありませんが…オムツしててもやってること変わりません)

サリちゃんにとって、預かりっ子を迎えることは、ウマウマの狙える場が増えた
…との認識が大きいようです。

実際は、届かないんですがね。

シニアになっても、この食への執着には感服です。

「カンちゃん、それは周知の事実だから。」

 

ずっと元気だと思ってたサリちゃん、年齢には勝てない部分もあるんだね。

ダイエットはもうしないけど、キープはしていこうね。

できれば、6キロは切りたいですが…汗

いつも預かりっ子が来ても、まったく動じないサリちゃん、ありがとね(^^♪

ランキングに参加しています。
↓ポチッとクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村