こんにちは、燃え尽き症候群なひなたママです。

やっとこさ、立ち上げたPC。
少しだけ、うちの子や預かりっ子の話からはなれて、
今年も五山の送り火のお話をしたいと思います。

 

今年は、大文字の『大』のど真ん中の『金輪』の担当でしたが、
その前に、恒例の昼間の過酷な登山が待っています。

年々体力が無くなってきて、休憩をはさまなきゃ登れません…汗

でも、登りきった時の景色で、疲れは一気に吹っ飛びます(←嘘、少しだけ…)

さてさて、火床を組んでいきましょう♪

ヨイショ♪ヨイショ♪ヨイショ♪

これで完成ではありません。

ここから、藁で囲んでいきますが、レモピさんから連絡が入り、
如意ヶ嶽の『大』のど真ん中で、保護犬の打ち合わせをしていました(笑)

レモピさんは、まさか私がこんなところにいるとは、思わなかったでしょうね。
「今、大文字のど真ん中にいますよ。」と言ったら、とても驚いていました( *´艸`)

だんだん日も落ちて、暗くなってきました。

そろそろ点火の時刻になってきいました。

FBではご覧になった方もいると思いますが、親火から金輪への点火の瞬間をご覧ください。

 

今年は風向きの関係で、火の粉は飛んできませんでした。

思うに、金輪より、他の火床の方が逃げ場がないので、必死だったような。

でも、迫力は全然違います。

ご先祖様を、ちゃんと送ることができている感じがしました。

5分後には、『妙法』、10分後には、『舟形』と、次々に点火。

如意ヶ嶽からは、五山すべて見ることができるんです。

嵐山の鳥居もみえるんですよ。

あ、大文字は見えませんが…

 

今年は、綺麗に点火ができました。

でも、下山するまでが点火従事。
これが、またまた過酷なんですよね…
一昨年は捻挫してしまったし。

今年は、預かりっ子がいるので、下山したら早々に帰りました。

「ただいまぁ~♪」

サリちゃんは、待ち疲れて寝てました。

おしまい

ランキングに参加しています。
↓ポチッとクリックをお願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村