こんにちは、ひなたママです。

もう少しで、お盆も送り火の時期になってきましたね。
昨年は、相方の靭帯損傷で、点火従事を見送りましたが、
今年は、五山の送り火の 『大』 のど真ん中 『金輪』 の点火に従事します。

『金輪』は、他の火床の4倍くらいの大きさになります。

頑張るぞ!!

 

さて、リンとナツは姉妹だったハズ。

晴れて北海道で正式譲渡となった宮子(ヒメ)ちゃんと、三姉妹だったハズ。

同じ場所で捕獲されるまで、チカラを合わせて生き延びてきた同志。

宮古島からの空輸も同じ便で来阪。

黒べぇが新潟へトライアルへ行き(現在は正式譲渡♪)、我が家の1枠が空いたので、
ヒメちゃんがいなくなって、独り淋しそうにしていたリンちゃんに、
姉妹であり、かつ、同志であったナツを投入してあげることにしました。

私のキモチとしては、
「リンちゃん嬉しいでしょ♪懐かしいでしょ♪」
2頭とも、ルンルン♪…を想定していました。

 

…が、

 

甘かった…

 

ナッちゃんを投入してすぐ、喜ぶどころか、
ナッちゃんが猛獣と化し、リンちゃんが小鹿の様にブルブル震える様。

L(・o・)」 オーマイガ

 

これは、2~3時間観察してみなきゃと思いました。

ナッちゃんは、関空から来た時も唸ってたし、
レモピさんも「ナッちゃんは最初だけだよ♪」…って言ってたし、
環境がコロコロ変われば、怖くて気が立つのも仕方がないですもんね。

 

何針縫ったか…


サリちゃんの場合は、威嚇なしに、ガブッ…

 

もし、それでも無理だったら、震えるリンちゃんが可哀そうなので、
別ケージに分けよう(-ω-)/

時間ごとのリン&ナツの変化をご覧ください。

 

こんな小さいナッちゃんから、こんなドスの効いた声が出るんですね。
声も表情も、まるで猛獣。
そして、リンちゃんは小刻みですが、かなり震えています。
でも、ナッちゃん、人は大好きなので、私の声には反応してくれます。
リンちゃんに攻撃性がないので、その点は安心して見ることができました。

 

3時間後には、同じ空間で居れるようになり、緊張から緩和へ移行していってます。
…ってか、姉妹で同志なのに、再会コンタクトで四苦八苦するだなんて…汗
もう大丈夫かな…??

 

まだ、甘かったようです。
関係が後退してしまいました?!
でも、リンちゃんが、ナッちゃんのことを
「この子、どの犬にでもウーウー言ってるだけだわ…♪」
…と、理解したのか、リンちゃんはいつものペースに戻りつつあります。
そして、ナッちゃんも、ほぼ初対面な私にでも尻尾ブンブンなので、
このまま、遠くで静観することにしました。

 

半日後、2頭はプロレスを始めました。
プロレス前までは、ケージの端と端で寝ていたんですが、
このプロレス後は、一緒にくっついて寝るように。

 

1日もしないうちに、今では毎日の恒例行事である取っ組み合いを始めました。
ポロンも入りたそうですね…汗
本当はポロン、リンちゃんのことが心配なんですよ。

リンちゃんが淋しい時、ポロンが何度もリンちゃんの所へ行き、
結局、1日、ケージで一緒に過ごしました。

 

総括すると、まるで、先住ワンちゃんとのファーストコンタクトを確認するかの一日でした。

この動画は、リン&ナツに希望者様がいない場合にUPする予定でした。

でも、嬉しいことに、リンにもナツにも、希望どころか熱望してくださってるご家族が。

なので、希望者様が戸惑った時など、この動画を見て、
こんな状況でも攻撃性のないリン&ナツを再確認してくだされば、と思いました。

人は大好きなリン&ナツ。

でも、二人とも、『初めて』 がとても怖い子達。

リン&ナツの姉妹、ヒメちゃん改め宮子ちゃんの里親様なら、
「わかるわかる!!」…と、納得してくださると思います。

『初めて』さえ乗り越えると、ビビリ犬とは思えない堂々とした子になります。

ナッちゃんも、今では、サリカンポロンにも友好的に接しますし。

ナッちゃんは姉妹の中で一番小さい。
だからきっと、虚勢を張り過ぎるんだと思う。
体重もわずか5.7キロ。

我が家のポメラニアン、サリちゃん6.4キロより体重軽いし…汗

ナッちゃんのウーウーは、最初だけなので、
里親様が、このウーウーを聞けるのは、ある意味貴重かもしれません(笑)

先住ワンちゃんがいなければ、聞けないかもしれませんし。

以上、リン&ナツの再会の様子でした。

おしまい

ランキングに参加しています。
保護犬ことを多くの方に知ってもらえるよう

↓ポチッとクリックをお願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村