こんにちは、ひなたママです。

昨年の夏から、介護生活に突入していた実家のリン。

2/4、眠るように、虹の橋のたもとへ向かいました。

人間だと100歳くらいだそうです。

前日、2/3は、サリちゃんの6回目の『家の子記念日』でした。

リンもごまちゃんと同じく、記念日が覚えられない私が忘れぬよう、
絶対忘れない日を選んだのかも…

ちなみに、ごまちゃんは、サリちゃんの誕生日の翌日に天国へ行きました。
4月のカレンダーを見ると、私の誕生日・サリちゃんの誕生日・ごまちゃんの命日
…が、並んでいます。

これから、2月のカレンダーは、サリちゃんの家の子記念日・リンの命日
…が並ぶことになります。

 

 

もっと、京都-大阪間を往復したかった。

子犬みたいに可愛いリンに会いに行きたかった。

それでも、リンは母を一人にしないため、一所懸命頑張ってたと思う。

けっこう頑張って動くんですが、10分くらいで疲れて寝ます。

ただただ純粋に生きようとする力、私も見習わなきゃと思いました。

昨年の7月に余命1週間を宣告されてから、
結果的に7ヶ月も頑張ってくれました。

しんどくても「しんどい」と言えないけど、いろんな方法で伝えてくれる。

伝わった瞬間、心がひとつになる。

もっと一緒にいたかった。

 

 

十数年前、野良犬は100%処分されていた県で、
リンは運良く保護団体に救われました。

最初にリンに会った時、兄妹8頭の中から選ぶことができなく、
母親に「2頭連れて帰ってもいい?」…と聞くと、
「1頭だけって言ってたでしょ!!」と。

二転三転しましたが、一番最初に私の所へ来てくれた子に決めました。

それが、リンでした。

今まで家族になった子の中で、一番性格が良く、温厚でした。

年末年始は、京都へお泊り保育にも来ていました。

ごまちゃんにも会っています。

カンタにも会っています。

本当にいい子でした。

そして、リンとひなたは、私達夫婦の結婚見届け犬なのです。

「もう見届け犬はいないんだ」
…と考えると、とても悲しい気持ちになりますが、
私達が幸せになることで、安心してもらうしかないですね。

 

 

昨日、雨の中、リンの葬儀を行いました。

お花でいっぱいにしてあげました。

もう、しんどくないね。

痛くないね。

今頃、虹の橋のたもとで、ひなた達と走り回っているかな?

 

リンへ

介護は私にとって、最高に楽しい時間だったんだよ。

だって、子犬の頃のリンみたいだったもん。

自立心が強く、迷惑を掛けないように生きていたリンが頼ってくれたこと、

本当に本当に嬉しかった。

ありがとう。

 

ひーちゃんや、ごまちゃんをよろしくね。

 

ランキングに参加してます。
ポチッと応援クリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ