こんにちは、ひなたママです。

さて、アニマルコミュニケーションを信じるかどうかは、
人それぞれだと思います。

ちなみに、私は何度かアニマルコミュニケーターさんのセッションへ
参加したことがありますが、

正直なところ…

「ありきたりなことを言われただけで、スッキリしない気分…汗」

…って、思うことが多かったです。

ハイジさんやデビーさんのようなスゴい人もいるので、
信じる気持ち半分くらいな感じ?!

デビーさんは、迷子犬猫の捜索で有名な方。

そんな、デビーさんが来られるということで、
何か問題がありそうなコの代表として、
もれなく、ポロンがモニター犬に選ばれましたぁ~

 

( ̄▽ ̄;)アハハ

 

私としては、野良や野犬に慣れているので、悩みとは思っていませんでしたが、
ポロンの気持ちは聞いてみたいと思っていましたので、
私としては、ラッキーです!!

 

ヾ(*ゝω・*)ノ ヤッタネ!!

 

ライン

 

まず、ポロンの苦手なこととして…

・とにかく子供が超嫌い、苦手、声が聞こえただけで、脱糞。
ポロンとねぇ… (´ε`;)
名は体を表すとは、まさに、こういうことですね。

・初めて会う人が恐い。

・上記の理由からか、散歩が恐く、ブラジルへ行きたいの??
…ってくらい、地面を掘りながら(這いながら)の散歩なので、
前足が血だらけになること多々。

・トイレの成功率が低い。

あえて問題として列挙するとすれば、こんな感じですかね。

 

ライン

 

このままでもいいけど、ポロンのストレス度合などは、知っておきたい。

 

%e3%81%93%e3%81%ae%e4%ba%ba%e3%80%81%e5%84%aa%e3%81%97%e3%81%84%e3%82%88%ef%bd%9e

デビーさんに抱っこされるポロン、最初は緊張してましたが、
次第に落ち着きを取り戻し、身体をゆだねていました。

まず、ポロンには『トラウマ』がないことを、デビーさんが教えてくれました。

センターの優しい職員さんに、チビチビの頃から大切に育ててもらい、
その後、我が家で大好きな犬達と過ごし、
私の知る限り『トラウマ』はないだろうなぁ~と思っていました。

(でも、前回、別の方のセッションの時は、逆のことを言われましたが…汗)

 

そして、ポロンのボディースキャンで、私の体調をみてくださったんですが、

「ポロンちゃんが、お母さん(私)右の首が痛い、そして、今日、嘔吐した。」
…と、教えてくれたんですが、

その日、私、吐きました。

そして、私の右首は頸椎ヘルニアで、
現在、右手が常時痺れているので、左利きに矯正中の状態なのです。

一気に鳥肌が立ちました。

 

それから、私は、質問攻め。

「ポロンは、先住犬と3頭で散歩してるんですが、
先住犬とは別に2便に分けて散歩した方がいいのか、聞いてもらえますか?」

…コミュニケーション中…

「散歩中のポロンちゃんの右側に、小さい子、その右側に大きい子が見えるんですが、
ポロンちゃんは、その小さい子を守らなければいけない!!」
…と、言っています。

散歩の配列として、左から、
ポロン→カンタ(小)→サリー(大)
散歩中の写真どころか、サリカンの存在すら知らないのに…

つまり、カンタを守っているってこと。

鳥肌 on 鳥肌 状態です。

 

「なんで、子供が恐いのか聞いてもらえますか?」

…コミュニケーション中…

「追いかけられて、ボールを投げられたから。」

子供が苦手な犬は多いですが、
この事象、ズバリ思い当たることがありました。
ボールの音が嫌いなのも、原因があったのね。

もう、立つ鳥肌が残っていません…

 

「では、トイレを認識しているか、聞いてもらえますか?」

…コミュニケーション中…

「ポロンちゃん、トイレを認識していません。」

驚愕…!!

「では、あみあみの白いトイレトレーがトイレだと、伝えてもらえますか?」

…コミュニケーション中…

「ごめんなさい、ちょっと意味が分からないんですが、
あのガタガタを直してくれたら、あそこでトイレするわ。」
…と言っているんですが、思い当たること、ありますか??

「あ~っ!あります!!」

「ポロンちゃんは、リビングと和室の段差の木をカジカジするので、
そこを隠すように、トイレトレーを置いているんです。」

「ガタガタするのを直すから、これからは、そこでトイレしてと、伝えてもらえますか?」

…コミュニケーション中…

「わかった。でも、ウマウマくれる?!」

あらま、交渉入りましたぁ~(*ノωノ)

「もちろん!!」

とりあえず、ポロンは、あの段差が嫌だったんだ。

家に帰って、ソッコー直しました。

…で、それから約2週間、トイレ成功率100%なんですよぉ~

あの会話は、ちゃんと成り立っていたんです。

だってね、トイレする前に「今からするよアピール」があるんです。

つまり「ウマウマ用意しといてね♪」ってことだと思います。

 

まだまだ、質問攻めは続いていますよ(笑)

「なんで、お父ちゃんのこと、そんなに好きなの?」

…コミュニケーション中…

「大きいし、犬界では最高にカッコイイの。」

たしかに、相方は、185センチと、大きいです。
もちろん、相方のことは、コミュニケーターさんは知りません。

相方は、犬界ではカッコイイから、あの超男性嫌いのひなたも
相方のことが大好きだったんだね。
やっと、ひなたが相方に懐いた理由がわかった気がした。

 

「サリちゃんのことは、どう思ってるの?」

…コミュニケーション中…

「好きでも嫌いでもない」

ヾ(≧▽≦)ノ!!

いつもゴハン横取りされかけてるもんね(笑)

%e3%81%9d%e3%82%8c%e3%80%81%e3%81%8a%e3%81%8f%e3%82%8c

 

「カンタのことは、どう思ってるの?」

…コミュニケーション中…

「守ってあげなきゃいけない!!」
…って、言ってますが、どちらかというと、
カンタ君が「僕のこと守れよ!!」ってポロンちゃんに刷り込んでるみたいです。
ポロンちゃんは、それを忠実に守っているようです。

%e3%81%8a%e3%81%84%e3%82%89%e3%82%92%e5%ae%88%e3%82%8b%e3%82%93%e3%82%84%e3%81%a7

カンタっぽい…汗

 

「ポロンは、今幸せ??」

…コミュニケーション中…

「???」

答えが返ってきませんでした。
幸せの意味を理解していない感じだそうです。

辛いことを経験したことがある動物には、有効的な質問ですが、
普通の日常を幸せと感じるには、まだ、年齢的に早いのかも
…と、フォローしてくれました(;´・ω・)

たしかに、サリちゃんに聞いてみたい質問かもしれません。

%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ac%e3%81%95%e3%81%9b%e3%82%89%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%91%e3%81%a9

あっという間に、2時間くらい時間が経っていました。

終わってからも、1時間くらい、ワイワイガヤガヤしていました。

%e3%83%9d%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%81%be%e3%81%90

今回のセッションでの一番の収穫は、
ポロンの気持ちがわかり、心を通わすことができたことです。
飼い主の良かれ、と、犬の良かれ、が一致した感じ?!

ここに綴ってないことも含め、本当に、凄かった。

2週間経っても、まだ、あの不思議な空間が忘れられません。

「あれは、夢…?」

いや、現実。

落ちもなく、変な締めですが、あしからず…

おしまい

ランキングに参加してます。
ポチッと応援クリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ