今日は特別な日

世の中は・・・『恵方巻一色』ですね!!

でも、今日2月3日は、我が家にとって、もっと大切な日。

サリちゃんの、『うちの子5周年記念日』 なのです(^^♪

逆に、まだ5年なん

「そうだね、もっと一緒にいる感じがするよね。」

「勉強にも付き合ってくれるし(笑)」

はい、ここテスト出るよ…

「ありがとう」

 

ライン

 

5年前、ひなたを看取って、ちょうど百か日、
8歳ポメラニアンの殺処分の話が、私のもとへ舞い込んできました。

飼い主のおじいさんが亡くなって、保健所へ。
最近よく聞く話ですね。

私は、百か日を過ぎたら、ひなたと同じ野犬の子を迎える予定でしたので、
「一時預かりであれば」
…と、そのポメラニアンを引き受けました。

そして、来たのが、コレ…

↓↓↓

カット後

ポメラニアン…って聞いてたんですけど(苦笑)

カット後

私、間違ってます?!

カット後

ポメラニアン…って、こんなんでしたっけ??

カット後

私、大阪のおばちゃんを一時預かりしたつもりないんですけど(;´・ω・)

カット後

太り過ぎていて、起きていても無呼吸状態になるくらいの、メタボニアン

体重は、中型犬のひなたとほぼ同じ、12.8キロ

巨体を支える細い骨の足に限界がきていたのか、散歩は1メートルで終了。
そして、アスファルトにへばりつき、マジで動かなくなる。

…にもかかわらず、トイレ外派

そして、噛み犬

ウマウマちょーだい!!

食事中は、じーっと見つめられるので、味わえない。

 

元飼い主のおじいさん、愛情の注ぎ方、間違ってますよぉ…涙

 

獣医さんにも、

「このままでは、まず、夏は越せません。」

「今、病気がみつかったとしても、脂肪が付き過ぎて麻酔できませんし、
平常時に窒息死もあり得ます。」

 

ですよね…汗

 

野犬の子は、まだ子犬なので、私が里親希望を取り下げれば、
新しい里親さんが、すぐみつかるはず。
(実際、翌週には決まりました)

でも、このメタボニアンは、一向に里親希望者さんが現れない。

苦渋の決断でしたが、
このメタボニアン、サリー(おじいさん命名)の里親になることにしました。

 

ライン

 

それからは、噛まれようとも…

フローリングサリー

嫌われようとも…

ウマウマほしいねんけど・・・
「あんたらだけ、ええもん食べて」…って声が聞こえそうです。

メシくれやぁ~!!

生きるためのダイエットに明け暮れました。

 

ライン

 

しかし、命の危機からは脱したものの、8キロ台からは全く落ちませんでした。

ぶにょ~ん

そんな時に、フラカノ家からカンタがやってきました。

運動量10倍ですわ…

そんなこんなで、サリカンバトルを続けること、3年半。

やっと、やっとこさ、6キロを切るか切らないかくらいまで、痩せました。

自由に動けるって…

いいことですね!!

いいことですね♪

苦労したぶん可愛く思えます。

4月で14歳になりますが、ずっとずっと一緒にいたいな。

サリちゃんと家族になれて、私は最高に幸せ者です。

サリちゃん、ありがとね。

サリちゃんがいたから、メタボニアンごまちゃんと家族になった。
(ほぼ看取りでしたが、幸せいっぱいくれました)

ごまちゃんのお葬式の日、横浜から駈けつけてくれたフラカノ家。
そのフラカノ家の子犬、カンタと家族になった。

カンタのパパ、ばたぁ君の飼い主P’sさんが
FBでシェアしていた野犬の子、ポロンちゃんと家族になった。

ほんと、縁とは不思議なものですね。

おしまい

ランキングに参加してます。
ポチッと応援クリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村